読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならレストインピース

だいたいジャニーズWESTのこと

にわか槇原敬之ファンが選ぶジャニーズWESTに歌ってほしい槇原敬之ソング

槇原敬之氏のことなどにっちさっちもわからない完全なにわか槇原敬之ファンがジャニーズWESTに歌ってほしい槇原敬之ソングを独断と偏見で選びました。

以前、尾崎豊で同じことをしたのでご興味がございましたらそちらの記事もご覧になってみてください。そうです、味をしめました。

ご承知の通り、完全な独断と偏見です。個人的感情でしか選んでません!それでもよければ紹介させてください。

 

 

重岡大毅/「MILK」

歌詞を見た瞬間、し…重岡くんやァーー!!!!となった曲。仕事に思い悩んでどうしようもなくなった夜に、甘えられる人に助けを求めに来た彼が脳裏に浮かびました。アイドルという特殊な仕事をしていく上で、きっと重岡くんは重岡くんなりの曲げられない信念だったり、プライドだったり、そういうものを人一倍強く抱えてるような気がするのです。それがいっぱいいっぱいの飽和状態になって「うわー!」てなったときに、この曲のように誰か寄りかかれる人が、ちゃんと彼にもいればいいなぁ。

自分と違うことをしてる人をうらやんだりしたけど 

やっぱり僕は僕だから ダメな自分も好きにならなくちゃ

まさにアイドルからの視点。このフレーズでビビビッときました。メロディーも優しくて暖かくて重岡くんにきっと似合うと思います。

 

 

桐山照史/「HOME WORK」

恋と仕事どちらかを選ぶ人もいるけれど 

僕らしくやってたら 両方とも大事だった

めっっっっちゃ桐山照史!!!!!ここのフレーズ最高に桐山照史!!!!!

「私と仕事どっちが大事?」の問いに「お前の為に働いてんねん。」と答える桐山照史そのもの!!!!このフレーズが決定打になったのは確かですが、曲全体を見ても、ほどよい距離感を保った素敵な恋愛をしている男女の曲で、やっぱり照史くんにぴったりでした。舞台で長いこと東京滞在したのちに久しぶりに大阪にいる彼女に会えるという場面設定で想像すると可愛くて可愛くてハゲそうです!照史くんにはこんな恋愛をしていてほしいなあと心から思います。

 

 

中間淳太/「SPY」

淳太くんはひたすら彼女に振り回されててほしい願望の結果です。イタズラ心で彼女のあとをつけていったら偶然にも浮気現場を目撃してしまい「嘘やぁぁん!?!?」ってなっててほしい。というか、この歌詞すべてが、淳太くんのwebの日記に見えます(笑)

もう明らかな浮気なのに、しかもそれを目撃してしまっているのに、それでも「信じてる どうか信じさせて」なところも何だか淳太くんっぽい。なぜでしょう、彼にはこういうちょっとズッコケな恋愛を望んでしまうのです(笑)彼の遅れてきた思春期の賜物ですね!

 

 

神山智洋/「THE END OF THE WORLD」

これは即決。激重恋愛プロフェッサー神山智洋のための曲です。「SCARS」解釈に引き続きしつこいようですが、これもわかりやすい不倫ソングです。そもそもこの曲が個人的に好きすぎて、神山さんがこれを歌ってるところを想像するだけでボロボロ泣いてしまう。お願い・・・神山さん、これ、歌って・・・!!!(泣)

絶対 誰にも聞こえないように

息をひそめて君が 「好きだよ」って言った

一体どんな言葉を返せば

いいか解らないまま 抱きしめた

神山さん、これ歌ってェェェェェーーー!!!!!!!(号泣)

 

 

藤井流星/「どうしようもない僕に天使が降りてきた

この曲も個人的に大好きです。主人公の男がどうしたって藤井さんとかぶってしまうのです。自分には全く悪気はないのに彼女を怒らせてしまって、それを慌てて追いかけるという構図。うーん、似合う。すこぶる似合う。そもそも、元カノからのプレゼントを何気なしに使い続けてるという行為も何となく藤井さんっぽい(笑)

「走る僕の髪で シャツで 揺れるたくさんの白い羽根」というフレーズの中の「走る僕の髪」、彼の美しいサラサラ金髪が脳裏に浮かびます。これは金髪の藤井さんであってほしいなー。

帰ったら部屋の掃除は 僕が全部やるから

一緒に帰ろう

ひーー可愛い!!!!

 

 

濱田崇裕/「No.1」

可愛くて優しくてほんわかする恋愛ソングです。何よりも、メロディーがもう濱田崇裕!あと歌詞も濱田崇裕!もう全てが濱田崇裕!個人的な見解ですが、出だし「お互いのことを もうさぐるのはやめよう もうわかっている」の「もうわかっている」の部分のメロディーが濱田くんが歌ってるように聞こえてしまうのです。。付き合いはじめのカップルの初々しさにとてもキュンとする曲なのですが、

君を笑わせたい 力ずくでも笑わせたい

そして年をとり いつかしわくちゃになったら

そのわけは 僕のせいだと言わせたいんだ

ここがすごく濱田くんっぽい!すごく濱田くんっぽい!すごく濱田くんっp(以下略

恋に不慣れな二人が、探り探りでもいいからゆっくり幸せになっていこうね、という曲です。意外と恋に積極的な肉食濱田くんなんてのも素敵ですが、やっぱり濱田くんには温かくて柔らかいスローな恋愛が似合う気がします。濱田くんが優しく歌うこの曲を聴いてみたい。

 

 

小瀧望/「Fall」

ごめんなさいごめんなさい、完全に個人的な感情です。個人的感情しかありません。

担降りソングとして話題になったこちらですが、聴けば聴くほどにモロ担降りソングじゃないですか…。小瀧くんに担降りした身としてはもうこれは彼に歌ってもらうほかない。しかも「Fall」というタイトル、「落ちる」ですよ。「降りる」なんて生半可なもんじゃない。有無を言わさぬ感が凄い。まさに私と小瀧くんとの出会いそのものです…(ガタガタ

そんなとき君が現れて こっちへおいでと手を伸ばす

その手に一瞬触れただけで 世界が違って見えた

本当はこんなタイミング 待っていたのかもしれない

見たこともない世界へ 誰かと落ちるその時を

担降り経験者なら首が吹っ飛ぶくらい頷くであろうこの気持ち。

これをその当事者に歌われたらもうたまったもんじゃありません。彼に「IT'S TIME TO FALL!」なんてニヤリとしながら言われたら、我が生涯に一片の悔いなし。いや、悔いある、たくさんある、もっともっと彼に貢ぎたかった。。(遺言)

 

 

 

 いかがでしたでしょうか。完全に独断と偏見ですが、一応You Tube等で検索したら聴ける曲を選んだつもりです。興味があればちょっと聴いてみていただきたいです。

このシリーズ個人的にとても楽しいので、また突然やるかもしれません、ご了承ください(笑)

 

SMILING?THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA