読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならレストインピース

だいたいジャニーズWESTのこと

にわかGLAYファンが選ぶジャニーズWESTに歌ってほしいGLAY楽曲

ジャニーズWEST ジャニーズ

私と同じ年代で小中学校時代にGLAYを通ってこなかった人はいないと思う。GLAYは青春であり、希望であり、生き方の教科書だった。あの頃、GLAYが僕らの歩むべき道を照らしてくれていたのだ。

まあ、にわかだったけどな!

ということで、シリーズ第三弾です。大好きなGLAYでやらせていただきます。私個人の勝手なイメージでもって、完全な独断と偏見で選んでますので不満・苦情は心の中でこっそりお願いします・・・

 

 

重岡大毅/「May Fair」

個人的にGLAY楽曲の中で一番好きな曲です。私は上京ソングだと思っています。これは絶対に誰かに歌ってほしいと思ってるんですが、誰に歌ってもらうのがいいか考えた結果、重岡くんの甘くて優しい声が一番ハマるような気がしました。歌詞の中に「五月の風」という表現が出てくるのですが、重岡くんの歌声ってまさに「五月の風」だなぁと。爽やかで、優しくて、静かにさらりと髪を撫でていくようなイメージで、とても重岡くんっぽい。

夢を追いかけ、希望を求め、住み慣れた街を出て、新しい旅立ちを選ぶ。なんとまぁ、ジャニーズWESTにぴったりの曲ではないですか。

愛も夢も希望とやらも ポケットにつめ込んで

そして 片道のチケットを握りしめた

帰りのチケットなんかない。この道を自ら選んだからには絶対に帰らない。そんな強かな意志が重岡くんの生き方に重なります。

 

 

 

 桐山照史/「SPECIAL THANKS」「Missing You」

絞りきれず2曲です(笑)照史くんに歌ってほしい曲がありすぎるんです。それでも絞りに絞ってこの2曲。どちらも大好きな曲です。

「SPECIAL THANKS」はスローバラードで、夏の終わりと秋の訪れを感じる曲です。8月31日生まれの照史くんにぴったりでは?静かなAメロとサビの力強さのギャップ。優しいメロディーと、訴えかけるような強いメロディーという二面性も照史くんっぽいと思います。

予期せぬ出逢いを 初めての朝を 無邪気な自由を KISSのあとの笑みを

儚さで綴る 人生の至福として想う

ここの部分、照史くんの声で聴きたいなー><

 

「Missing You」はとにかく照史くんに叫び散らしてほしくて選びました。私がストレス発散したいときに必ずカラオケで歌う曲です。そりゃもうスッキリします。これを全力で歌えるのは声にどっしりとした芯があって安定してる照史くんだけな気がします。かっこいいだろうなー!><

春の恋しさよ 花の息吹よ 冬の長さが募らせて

あなたを失くした初めての雪は つらつらと慕情に落ちる

今はまだ容赦なく吹きすさぶ風に 歌う歌もかき消されて

照史くんとカラオケに行ったら歌ってほしい曲ナンバー1です!

 

 

 

中間淳太/「都忘れ」

歌詞が、淳太くんなんですよ。元は恋愛の曲ですが、どうしても、デビュー出来ないことへの焦りとか、デビューが決まったことへの覚悟とか、そういう淳太くんが経験してきた葛藤と重なるんです。歌詞の中の「二人」というのもB.A.Dのことに思えて仕方ない。デビュー前の2013年頃の淳太くんを思い浮かべながら聴くと、涙が出てくるんです。これは淳太くんに歌ってもらうほかない!

もう二人はお互いの過去に戻れない

君がつぶやいて歩いた帰り道

ねぇ このまま世界の果てまで行けるかな?

不意に傷つけた人達を思った

レッスン帰りに照史くんと「ここまで来たらもう引き返せへん」「俺らほんまにデビューできるんかな…?」なんて会話をしてるB.A.Dを想像してしまいます。「傷つけた人達」は辞めていった仲間かな…と。傷つけたわけではないですけどね…淳太くんなら多少なりとも責任とか感じてそうな気がして><。

Ah この世はまるで意思のある生き物のように

満たされぬ運命を呪うよ

Ah 時代が僕らの背中を押したことさえも

シナリオの一部だと笑った

2013年~2014年あたりを思い出して勝手に涙が出てきてしまいます…;;

 

 

神山智洋/「恋」

 尾崎豊槇原敬之も、神ちゃんに歌ってほしい曲が真っ先に決まったのですが、GLAYに関しては神ちゃんが最後まで決められませんでした。なぜだろう?思い悩んだ末にTwitterのほうでもちょっとアンケートみたいなの求めたりしちゃいまして。なるほど!という意見もいろいろいただいて、参考にさせていただきましたが、自分的に一番ピンッときたこの曲にしました。

どうしたって、神ちゃんには恋愛バラードを歌わせたい病気なのです。

恋愛バラードとは言っても、この曲の壮大さはハンパない。「恋と愛の違いとは?」「男と女とは?」という人類にとっての最大のテーマを曲として扱えるのはTAKUROしかいない。これはもう、激重恋愛プロフェッサー神山智洋に歌ってもらわなくては!

咲いて散る花 優しさは恋

無償の想い 明日なき二人

出逢い とまどい 傷つけては恋

治しては愛 答えなき問い

ぜひ神山氏にピアノを練習していただいて、弾き語りしていただきたい;;;泣き崩れる;;;

 

 

 

藤井流星/「口唇」

 めっちゃ似合いません????(安直)

藤井くんは絶対にバラードよりもロック寄りのほうが似合います!ちょっと革ジャンとか着ちゃってスタンドマイク抱きかかえて斜めに倒しながら歌ってほしい。めちゃくちゃ売れた曲なので当時はテレビから聞こえてくると「またこれか」なんて思ってしまって真剣に聞いていなかったような気がするのですが(そもそも当時小学生だったしw)、改めて聴くとすっごくかっこいい曲です。あの頃から聴いていない方は、騙されたと思って、もう一度聴いて欲しい。そして藤井流星が歌ってる光景を想像して欲しい。死ぬほど似合います!!!!

愛遠き世界にひるがえす 純情にも似た欲望よ

銀色の月に照らされた オマエのEYEが怖いほど…

俺を悩ませる 惑わせる 壊してく

個人的に好きなこの部分は特にかっこいいはずだ;;

 

 

 

濱田崇裕/「春を愛する人」

一番最初に決まったのはこれです。もうこれしかない。この親和性はヤバイ。何かとんでもない化学反応が起こって学会に発表できるレベルの成果を得られる気がしてならない。やっぱりSTAP細胞ありました!てなるかもしれない。(ならない)

キーが高い曲なので難しいかな?とも思いましたが、「迷宮SUMMER」でのあのフェイクを聴いて絶対に大丈夫だ!と確信しました。濱田くんの歌い手としての信頼うなぎ登り;;;

一緒に生きていくことは たやすくないとわかってる

安物の「永遠」なんて そこら中に溢れてる

ごらんよ 僕らの掌 わずかな時間しかないさ

だから体中で愛を伝えたくて 生き急いでいる ねぇ そうだろう?

私ごときが曲を紹介するのも憚られるほどの名曲なので、とりあえず「聴いてください」としか言えません。さあどうぞYou Tubeへいってらっしゃい!

 

 

小瀧望/「疾走れ!ミライ」

茫漠とした未来に向かってがむしゃらに走る10代の若者のための曲。タイトルの通り、疾走感のある爽やかな曲です。ちなみに去年発売したばかりの新曲。

大人だらけの、お金と欲にまみれた世界で、それでも自分を失わないように必死にもがいて、闘って闘って闘いながら、まっすぐ前を見据えている、子供でも大人でもない、とっても素敵な世界一のアイドル小瀧望くんのための曲だと思っています。(だいぶ贔屓目入ったけど気にしない♡)

この青空 輝く瞳 曇らせたくない 疾走れ!ミライ

そう夢だけは もう夢だけは失いたくない

 

勝ち負けの世の中で 今日も闘ってる

叶えられる夢など きっと初めからないんだ

さぁ 立ち上がろう

 

子供みたいだと笑われても それは不可能だと冷めた目で見られても

そう僕は 僕だけは 僕だけを信じて行こうとあの空に誓ったのさ

 小瀧くんがソロライブをしたとして、アンコールでツアTとジーパンだけを纏った汗だくの小瀧くんと一緒にタオル振り回して号泣したい…。その光景を勝手に想像しては目頭を熱くする小瀧担なのでした…。

 

 

自己満でしかないチョイスでお送りいたしました。今回もすべてYouTube等で聴ける曲にしたつもりです。気になるものがあれば是非聴いてみてください。GLAYは素晴らしい楽曲が多すぎて、たった7曲に絞るのがとても難しかったです。あくまでこれは私個人の意見ですので、「それは違う。こっちのほうがいい」とのご意見もあるでしょうが、そっとしておいていただければ幸いです(笑)

 

DRIVE~GLAY complete BEST~