読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならレストインピース

だいたいジャニーズWESTのこと

2016年総括~自担が羽化するとき~

総括というほどの大層なものでもございませんが、2016年をまとめておきたかったので自分用の記録です。

 

1月 ジャニーズWESTコンサートツアー「ラッキィィィィィィィ7」スタート

ツアー最初のほうの髪型と髪色がしぬほど好きで好きで双眼鏡を覗くたびに沸いてた。襟足がジョリジョリしてるの本当に最高だった。

そして1月の豪雪の福岡…忘れられないね…皆様お疲れ様でした…でもだからこその思い出になったな!来年のツアーは雪降りませんようにw

2月 FINE BOYS専属モデルデビュー

「専属モデル」という最高に貴い肩書きを授けてくださった関係者各位に心から感謝申し上げます…毎月うるおいとトキメキをありがとう。モデルやってる小瀧くんは最高にかっこいいです。

3月 「嵐にしやがれ」内で「世界一難しい恋」出演発表

飲み会から死ぬ気で帰ってきて放送に間に合った記憶(;;)CMあけて小瀧くんが出てきた瞬間はそれまでの人生で一番鳥肌立ったかも。

4月 「世界一難しい恋」スタート

それはそれは毎週めちゃくちゃ楽しみでした。水曜がパラダイスだった。三浦家康という役を演じられたこと、大野くんと出会えたこと、嵐のファンの皆さんにも「のぞにぃ」と親しんでもらえたこと、すべてが小瀧くんにとっての財産になっただろうと思います。小瀧くんにとって、そしてファンにとっての初めての連ドラがこの作品でよかった。

5月 ライブDVD&BD「パリピポ」発売

「パリピポアンセム」という楽曲がめちゃくちゃに好きなんだけど、どうやら小瀧くんもそのようで嬉しい限り!(毎回タオル回せー!って言ってるの小瀧くんw)

メイキング映像の中で小瀧くんの仕事に対する真摯な姿勢が見られて本当に良かった。映像は去年のものだけど、改めて自担に惚れ直しました。

6月 嵐のワクワク学校

天下の嵐様と共演!嵐さん、ジャニーズWESTを選んでくれて、ジャニーズWESTをドームに立たせてくれて、本当にありがとうございました。何よりも嵐さんの優しさが身に染みた。さすが嵐さんだった。ジャニーズWEST、嵐を超えるのはまだまだ難しいなって思えた。それも嬉しかった。身近に偉大な目標があるって恵まれた環境だ。とにかく、「ジャニーズWESTに会うために京セラドームへ行く」という行動ができたことが嬉しかったな!

7月 小瀧望 20歳の誕生日

たくさんの愛情に包まれ、ほっかほかな状態で小瀧くんは20歳になりました。家族に愛され、友達に愛され、メンバーに愛され、彼は大人になった。10代の彼がいなくなるのは悲しかったけれど、20代の彼はもっともっと素敵になるって確信があった。大人の小瀧望くん、初めまして。これからよろしくね。

何より、意外とお酒が飲めるタイプだとわかって脳震盪起こしそうだったぞ…ああ…すきだ…!!!!!

8月 24時間テレビスペシャルドラマ「盲目のヨシノリ先生」出演

とても素敵なドラマに、とても重要な役で出演させていただいて、本当に誇らしかった。ナレーションも任されていたから、彼が出ていないシーンでも声はずっと聞こえるという何とも嬉しい時間。そして何よりも既婚・子持ち役!!!!ひあーーーー!!!!左手薬指に光る指輪・嫁を見つめる笑顔・愛おしく我が子を抱く腕…本当に本当に本当にありがとうございます…(泣)

武道館にも来てくれたし、あ、ジャニーズWESTが武道館にツバつけたぞ!って思った(笑)いつかジャニーズWESTも24時間テレビメインパーソナリティーを!

9月 ジャニーズWEST初京セラドーム公演決定・発表

めちゃくちゃ嬉しかったなぁ…ワクワク学校見たあとに「いつか単独でドームに立って欲しい」と思っていたけど、まさか年内に実現するなんて思わなかった。すごいや。

10月 なうぇすと公式Twitterアカウント始動

「奴」が初めて我々の前に現れた。

11月 アルバム「なうぇすと」&ライブDVD「ラッキィィィィィィィ7」発売

来年からのツアーたのしみだなぁ♡

 

12月 ジャニーズWEST 1stドームLIVE 24(ニシ)から感謝届けます

今年1年を通して、そしてこのドームコンサートを見て、改めて思ったこと。

小瀧くんが羽化している。

今までの「可愛いのんちゃん」「末っ子で甘えん坊ののぞむ」がいなくなっている。そこにいたのは、いつだって「かっこいい小瀧望くん」だった。20歳になったのも要因だろうし、だんだん身体が大人になっていっているのもあるだろう。妖艶でセクシーで大人っぽくて、モラトリアムというサナギから完全に脱した気がした。丈夫な殻に覆われ、大事に大事に育てられてきた彼が、自らの意思で、自らの力で殻を破り、美しく大きな羽を広げたんだなぁと思えた。成長が目に見えることがとても嬉しくて、彼のことだから自慢げにわざと見せているのかもなぁとも思ったり。

だから、ここからはちょっとしたぶっちゃけなんだけど、ドーム公演オーラスの挨拶で照史くんが小瀧くんを「何があっても守る」と言ってくれたこと、とても嬉しかったし彼が愛されていることの象徴なのだけれど、ちょっとだけ、いや、けっこう、悔しかった。彼はいつまで「守られる」対象なのだろうか。私の中では、彼はとっくに羽化していて、自分の力で空を飛べるのに。守られなくても大丈夫なのに。そう思ってしまって、照史くんの言葉を素直に喜べない自分がいました。ごめんね、照史くん。あれは照史くんの愛情のかたまりだよね。素直に受け止められないひねくれたファンでごめんね。きっと小瀧くんはメンバーにとってはいつまでも可愛い末っ子で、守ってあげなきゃ、俺らがついていてあげなきゃって思わせる存在なんだろうけれど、いつまでもそれじゃダメだと思うのです。わたしは小瀧望くんにジャニーズWESTの代表になってほしいし、牽引する存在になってほしい。守られる存在じゃなくて、守る存在になってほしい。その美しい羽でもって、大きな世界を自由に羽ばたいてほしいのです。そして、必ずそうなると思ってる。

わたしの目には羽化した姿が見て取れた2016年。きっと2017年はもっともっと大きくなる。もっともっとかっこよくなる。今日更新のなにわぶ誌でも「ダンスが楽しい」「踊れば踊るほどアドレナリンが出る」「もっともっと!!」だなんて言ってます。以前は「ダンスで手抜いてる」だのよく言われていた彼が、今は貪欲にダンスを楽しんでる。嬉しいなあ。成長を貪る彼の姿が嬉しくてしかたないのです。

 

2016年、たくさんの新しい顔を見せてくれてありがとう。その度に「好き」をくれてありがとう。来年ももっともっとありがとう。大好きです。

支離滅裂でごめんなさい。2016年、最高に楽しかったぞ!!!最高だったぞ!!!!来年も絶対最高だ!!!!!

風邪っぴきはそろそろ寝ようと思います。

ちょっと早いけど、皆様、よいお年を。