読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならレストインピース

だいたいジャニーズWESTのこと

「同い年」という目線から見る中間淳太28歳

中間淳太くん、28歳のお誕生日おめでとうございます。

私は28歳です。淳太くんと同い年です。世間的に見れば「立派な大人」である年齢です。会社員ならば、ある程度の役職に就いているかもしれない。結婚して、子供がいるかもしれない。海外に住んでいるかもしれない。同級生の友人は、自分の店をオープンするという夢をついに叶えたりもしています。どんな道に進もうと、社会に出てある程度の経験を積んできた頃合です。

私も例外ではありません。今の会社に就職して6年目。現在の役職は「主任」。仕事は、順調ではないときももちろんありますが、なんとかここまでやってきました。後輩に仕事を教えるなんてこともやっと出来るようになったし、お給料も毎月きちんといただいてます。毎日同じ場所へ、同じルートで通勤し、そして帰ってビールを一本飲む。これも一つの幸せなのかな、と思います。

 

中間淳太くんへ話を戻します。彼は私と同い年ですが、私とまったく違う世界の仕事をしています。そして、一般的な「社会人」と比べ、その仕事は極めて特殊です。

彼は優秀です。何も知らない私が言うべきではないかもしれませんが、何も知らない私ですらわかるほどに彼は優秀です。頭がいい。勉強が出来るという意味でも、それ以外の意味でも。

そして、彼は裕福です。裕福な家庭に生まれました。お爺さまが社長さんだという話を聞きましたが、誤った情報ならごめんなさい。ともかく、きっと何不自由ない環境で、大事に愛されて育ってきたのだと思います。

つまり彼は、「何不自由ない」「安定した」進路を、自ら選択することだって出来たのです。

何よりも彼は大学に通っていました。きっと周りの友人たちは順調に就職活動を進めていたでしょう。どんどん前へ進んでいく友人たちを見て、彼は焦ったかもしれません。悩んだかもしれません。

それでも彼は、自らの意志で、「不安定な」「先の見えない」道を選んだ。

辞めようと思えば辞めれたはずです。辞めてもきっと彼には生きる道がきちんと用意されていたはず。それでも辞めなかった。「一般的」という敷かれたレールに背を向け、己の力で道を切り開いた。現状に甘えず、誰にも頼らず、自分で進むべき未来を選んだ。

 

そんな彼の姿が、「一般的」なレールの上を何の疑問も持たずに走ってきた私には、目が潰れそうなほどに眩しいのです。同じ28年という月日を歩んできたとは思えないほど、彼の人生の密度は格段に濃い。私の人生が乏しいとは思いません。これもこれで私の人生です。けれど、私が出来なかった選択を、私が出来なかった覚悟を、私が味わわなかった挫折を、彼が全部やってのけてしまったものだから、何だかポカンと口を開けて、彼を羨望のまなざしで見ている私がいるのです。

ただ、ただ、彼を「かっこいい」と思う。

安全な道を「選ばない」という選択は、決して容易ではありません。どうしたって人間ですから、甘えたくなります。楽をしたくなります。けれど彼はそれを一切許さなかった。ゴールがあるかすらわからない道をがむしゃらに進んだ。だからこそ、彼には最高の仲間と最高のゴールテープが待っていたんだと思います。

もちろん、それで終わりじゃない。きっとこれからたくさんのゴールテープを切ることになるはず。それの一つ目を切ったところなのです。

 

そんな最高にかっこいい彼と、彼の最高の仲間たちを応援できることが嬉しくて。

これからもたくさんの素敵な景色を見せてくれることが嬉しくて。

ジャニーズWESTは俺が必ず国民的なスターグループへと導きます。」なんていう大々的な宣言の行方を見守れることが嬉しくて。

 

同じ長さの人生を歩んできた人間として、彼に恥じないよう、私は私の人生をひとつずつ選択していこうと決めたのです。

平凡な28歳から、最高にかっこいい28歳へ。

お誕生日おめでとう。

そして、夢を諦めないでくれて、ありがとう。

 

 

 2015年10月21日

何故ニシハタは死ななければならなかったか。~2015年夏松竹座「少年たち」

先に言っておきますが、タイトルにある問いに答えはありません。むしろ答えを教えて欲しい。

今年の夏の松竹座、わたしは有難いことに3公演を観劇させていただきました。見れば見るほどにはまっていき、また見たい!と思わずにはいられないほど。

今の関西Jr.が全力で取り組み、全力でぶつかった、とても素敵な作品でした。

 

誰々がかっこよかった!とか、あそこのシーンが好き!とかもあーだこーだ言いたいのですが、わたしが一番印象的だったのが「過去の少年たちからの変化」

正直、ストーリーとしては過去の少年たちよりも遥かに残酷で、遥かに悲しいものでした。

 

※以下、勝手な感想を綴っていきますが、私は「2010少年たち~格子なき牢獄~」と「2012少年たち~Jail in the sky~」のDVDしか見ておらず、それ以外の少年たちを知りません。ほとんどストーリーに変化はなかったものと仮定して話しています。的はずれなことを言っているかもしれません。個人的な勝手な感想ですので、ご了承いただければ幸いです。

 

 

今回の「少年たち」には、過去の「少年たち」から大きく変化した部分が2つありました。

まず一つ目は、定番のライバル関係となる二人が血縁者である点。

そして二つ目、脱獄の際に命を落とすのが「塀の外に待っている人がいる」人物である点。

これらが今回の少年たちの「残酷さ」の根源だと思います。

一つ目の点。赤チームのリーダー・ニシハタはこれまでのリーダーを違い、真面目で心優しい模範囚。囚人服もアレンジして着たりせず、首元まできっちりボタンを閉めているような少年です。対する青チームのリーダー・ムカイはヒヤリと冷たい目を持つ、何もかもを諦めたような、だけど心の内に燃える何かを抱えているような少年。この二人は実の兄弟です。親が離婚しており、ムカイは母に、ニシハタは父についていったため名前が違います。ムカイはニシハタを憎んでいました。自分と母親を捨てたと思っていることに加え、自分の罪を警察に通報したのは他でもない血縁者のニシハタだったから。そのせいで母親は泣きながら死んでいったと主張します。しかし、それはムカイのことを思ってのこと。荒れていたムカイが、少しは冷静になってくれると信じての行動でした。すれ違う二人。その二人が歌う「Rival」。過去の少年たちで「Rival」を歌ってきた二人の間に、これほどまで明確な、そして底の深い蟠りがあったでしょうか。ムカイの台詞に「これほど血の繋がりを憎んだことはない」というものがありました。(正確には少し違うかもしれません…)そこに「血縁」という決して切れることのない鎖があったことで、今回の「Rival」には悲しさ、もどかしさ、憎しみ…様々な感情が入り乱れ、見ていてとても辛かったのを覚えています。

 

 

二つ目の点。少年たちでは必ず脱獄の際に囚人の一人が命を落としてしまいます。今回、その運命を背負ったのがニシハタでした。胸がえぐられるほど辛いストーリーでした。ここで、ニシハタが歩んできた道程をまとめてみます。

 

 ・両親が離婚。一家離散状態に。

・父親は借金を抱え、自分と弟に暴力を振るうようになり、自暴自棄の末に自殺

・母親は病死

・実の兄弟(ムカイ)は犯罪を犯し、自分が通報したことで少年院へ。そして憎まれるようになる。

・自分は、弟に手を出した借金取りに殴りかかり少年院へ。

 ・施設にいる弟に早く会いにいくため模範囚となる。早期の刑期満了を言い渡されていたが、それは嘘で、看守長は出すつもりはない(看守たちの会話より。事実なのかは不明)

・弟に会うために、そしてムカイとまたやり直すために、脱獄を決意。その途中で看守長により射殺される。

 

 これからというときに、これから新たな人生を歩みだそうと希望に満ちていたときに、ニシハタは殺された。

これまでの少年たちで最後に命を落としてきたのは、ご存知のとおり、今回のオオニシの役です。生まれながらにして孤独。塀の中で初めての友達が出来て、ここが好きだ、ずっとここに居たいと言う役柄。だから、これまでの「彼ら」は皆幸せそうな顔をして死んでいきました。

しかしニシハタはどうでしょう。誰よりも、塀の外へ出ることを望んでいました。塀の外に待っている人がいました。適切な表現かどうかわかりませんが、「よりによって」ニシハタが死ぬことになるなんて。何で。何で。と、悔しさで涙が止まりませんでした。

今回も、死んだニシハタに向けて「何でそんな幸せそうな顔してんねんニシハタ!」という台詞がありましたが、私は「ニシハタが幸せなわけないじゃないか…」なんて思ってしまい、あまりの残酷さにやりきれない思いでいっぱいでした。

志半ばで命を落としたニシハタにとって唯一の救いは、ムカイが改心してくれたこと。ニシハタの代わりに、自分が弟を守ると言ってくれたこと。ムカイはニシハタをずっと憎んでいましたが、それでもニシハタはムカイを信じ続けました。それが報われたことで、私のズタズタの心も、やっと少し救われた気がしました。ニシハタの亡骸を抱きしめていたムカイがスッと立ち上がり、目の前を見据えて「弟には俺がいる」とまっすぐ言い放った姿を見て、「俺がいなくても大丈夫だ」とニシハタも安心したんじゃないかな、と思います。

 

きっと神様が、「もう休みなさい」と言ったんだろうな。

少しだけ間違いを犯してしまったけれど、誰よりも正しく、誰よりもまっすぐであろうと必死にもがいてきた彼に、「もう頑張らなくていいよ」「ゆっくりおやすみ」と神様が言ってくれたんだろうな。

3回目の観劇でそう思えるようになり、やっと私の「何で。何で。」はスゥッと松竹座の椅子の背もたれあたりに溶け出していきました。

 

 また、ニシハタの死後、刑期が満了しても、オオニシが塀の中に残ることを決めたのは、本人の言うとおり「ここが好きだから」「ニシハタのそばにいてやりたいから」というのももちろんあると思います。だけど、もうひとつ。「償い」の意味も含まれているように思えてなりません。ニシハタが死んだとき、オオニシは「俺のせいで」と泣き叫びました。オオニシは自分のせいでニシハタは死んだと思っている。つまり、「ニシハタを殺した罪」で、さらなる刑期を自らに課したのではないかと、思わずにはいられません。オオニシがあそこを出て行くのはいつになるのか。1年後なのか、10年後なのか。もしくは終身刑なのか。それがオオニシにとっての幸せなのであれば、それも一つの「人の道」なのかもしれません。

 

 

 パンフレットで康二くんが「過去の『少年たち』と比べず、前回は前回、今回は新しい芝居として見ていただきたい」と言っていました。過去と比べて、どっちの方が良いだとか比較したいのではありません。過去があったからこそ、今があるのですから。過去は過去。今は今。それぞれ、その時の演者が全力でぶつかった最高の作品です。「過去」から「今」への流れの中で変化した点がわたしにとって特筆すべき事項でしたので、好き勝手に感想を拙い文章にぶつけさせていただきました。乱筆にて失礼いたしました。

 

 まさに、胸がえぐられるような舞台でした。しかし、関西Jr.皆がこの夏のすべてを費やし、全身全霊をかけて作り上げた本当に本当に素晴らしい作品でした。

泣いたあとに、気分を一気に最高潮まで上げてくれるショータイムも最高に楽しかった。

2015年の夏が、これからも関西Jr.にとっての大きな糧となりますよう祈らずにはいられません。

成長し続ける少年たちの姿は何よりも眩しく、美しい。

 

千秋楽、おめでとうございます。お疲れ様でした!

 

 

 

にわかGLAYファンが選ぶジャニーズWESTに歌ってほしいGLAY楽曲

私と同じ年代で小中学校時代にGLAYを通ってこなかった人はいないと思う。GLAYは青春であり、希望であり、生き方の教科書だった。あの頃、GLAYが僕らの歩むべき道を照らしてくれていたのだ。

まあ、にわかだったけどな!

ということで、シリーズ第三弾です。大好きなGLAYでやらせていただきます。私個人の勝手なイメージでもって、完全な独断と偏見で選んでますので不満・苦情は心の中でこっそりお願いします・・・

 

 

重岡大毅/「May Fair」

個人的にGLAY楽曲の中で一番好きな曲です。私は上京ソングだと思っています。これは絶対に誰かに歌ってほしいと思ってるんですが、誰に歌ってもらうのがいいか考えた結果、重岡くんの甘くて優しい声が一番ハマるような気がしました。歌詞の中に「五月の風」という表現が出てくるのですが、重岡くんの歌声ってまさに「五月の風」だなぁと。爽やかで、優しくて、静かにさらりと髪を撫でていくようなイメージで、とても重岡くんっぽい。

夢を追いかけ、希望を求め、住み慣れた街を出て、新しい旅立ちを選ぶ。なんとまぁ、ジャニーズWESTにぴったりの曲ではないですか。

愛も夢も希望とやらも ポケットにつめ込んで

そして 片道のチケットを握りしめた

帰りのチケットなんかない。この道を自ら選んだからには絶対に帰らない。そんな強かな意志が重岡くんの生き方に重なります。

 

 

 

 桐山照史/「SPECIAL THANKS」「Missing You」

絞りきれず2曲です(笑)照史くんに歌ってほしい曲がありすぎるんです。それでも絞りに絞ってこの2曲。どちらも大好きな曲です。

「SPECIAL THANKS」はスローバラードで、夏の終わりと秋の訪れを感じる曲です。8月31日生まれの照史くんにぴったりでは?静かなAメロとサビの力強さのギャップ。優しいメロディーと、訴えかけるような強いメロディーという二面性も照史くんっぽいと思います。

予期せぬ出逢いを 初めての朝を 無邪気な自由を KISSのあとの笑みを

儚さで綴る 人生の至福として想う

ここの部分、照史くんの声で聴きたいなー><

 

「Missing You」はとにかく照史くんに叫び散らしてほしくて選びました。私がストレス発散したいときに必ずカラオケで歌う曲です。そりゃもうスッキリします。これを全力で歌えるのは声にどっしりとした芯があって安定してる照史くんだけな気がします。かっこいいだろうなー!><

春の恋しさよ 花の息吹よ 冬の長さが募らせて

あなたを失くした初めての雪は つらつらと慕情に落ちる

今はまだ容赦なく吹きすさぶ風に 歌う歌もかき消されて

照史くんとカラオケに行ったら歌ってほしい曲ナンバー1です!

 

 

 

中間淳太/「都忘れ」

歌詞が、淳太くんなんですよ。元は恋愛の曲ですが、どうしても、デビュー出来ないことへの焦りとか、デビューが決まったことへの覚悟とか、そういう淳太くんが経験してきた葛藤と重なるんです。歌詞の中の「二人」というのもB.A.Dのことに思えて仕方ない。デビュー前の2013年頃の淳太くんを思い浮かべながら聴くと、涙が出てくるんです。これは淳太くんに歌ってもらうほかない!

もう二人はお互いの過去に戻れない

君がつぶやいて歩いた帰り道

ねぇ このまま世界の果てまで行けるかな?

不意に傷つけた人達を思った

レッスン帰りに照史くんと「ここまで来たらもう引き返せへん」「俺らほんまにデビューできるんかな…?」なんて会話をしてるB.A.Dを想像してしまいます。「傷つけた人達」は辞めていった仲間かな…と。傷つけたわけではないですけどね…淳太くんなら多少なりとも責任とか感じてそうな気がして><。

Ah この世はまるで意思のある生き物のように

満たされぬ運命を呪うよ

Ah 時代が僕らの背中を押したことさえも

シナリオの一部だと笑った

2013年~2014年あたりを思い出して勝手に涙が出てきてしまいます…;;

 

 

神山智洋/「恋」

 尾崎豊槇原敬之も、神ちゃんに歌ってほしい曲が真っ先に決まったのですが、GLAYに関しては神ちゃんが最後まで決められませんでした。なぜだろう?思い悩んだ末にTwitterのほうでもちょっとアンケートみたいなの求めたりしちゃいまして。なるほど!という意見もいろいろいただいて、参考にさせていただきましたが、自分的に一番ピンッときたこの曲にしました。

どうしたって、神ちゃんには恋愛バラードを歌わせたい病気なのです。

恋愛バラードとは言っても、この曲の壮大さはハンパない。「恋と愛の違いとは?」「男と女とは?」という人類にとっての最大のテーマを曲として扱えるのはTAKUROしかいない。これはもう、激重恋愛プロフェッサー神山智洋に歌ってもらわなくては!

咲いて散る花 優しさは恋

無償の想い 明日なき二人

出逢い とまどい 傷つけては恋

治しては愛 答えなき問い

ぜひ神山氏にピアノを練習していただいて、弾き語りしていただきたい;;;泣き崩れる;;;

 

 

 

藤井流星/「口唇」

 めっちゃ似合いません????(安直)

藤井くんは絶対にバラードよりもロック寄りのほうが似合います!ちょっと革ジャンとか着ちゃってスタンドマイク抱きかかえて斜めに倒しながら歌ってほしい。めちゃくちゃ売れた曲なので当時はテレビから聞こえてくると「またこれか」なんて思ってしまって真剣に聞いていなかったような気がするのですが(そもそも当時小学生だったしw)、改めて聴くとすっごくかっこいい曲です。あの頃から聴いていない方は、騙されたと思って、もう一度聴いて欲しい。そして藤井流星が歌ってる光景を想像して欲しい。死ぬほど似合います!!!!

愛遠き世界にひるがえす 純情にも似た欲望よ

銀色の月に照らされた オマエのEYEが怖いほど…

俺を悩ませる 惑わせる 壊してく

個人的に好きなこの部分は特にかっこいいはずだ;;

 

 

 

濱田崇裕/「春を愛する人」

一番最初に決まったのはこれです。もうこれしかない。この親和性はヤバイ。何かとんでもない化学反応が起こって学会に発表できるレベルの成果を得られる気がしてならない。やっぱりSTAP細胞ありました!てなるかもしれない。(ならない)

キーが高い曲なので難しいかな?とも思いましたが、「迷宮SUMMER」でのあのフェイクを聴いて絶対に大丈夫だ!と確信しました。濱田くんの歌い手としての信頼うなぎ登り;;;

一緒に生きていくことは たやすくないとわかってる

安物の「永遠」なんて そこら中に溢れてる

ごらんよ 僕らの掌 わずかな時間しかないさ

だから体中で愛を伝えたくて 生き急いでいる ねぇ そうだろう?

私ごときが曲を紹介するのも憚られるほどの名曲なので、とりあえず「聴いてください」としか言えません。さあどうぞYou Tubeへいってらっしゃい!

 

 

小瀧望/「疾走れ!ミライ」

茫漠とした未来に向かってがむしゃらに走る10代の若者のための曲。タイトルの通り、疾走感のある爽やかな曲です。ちなみに去年発売したばかりの新曲。

大人だらけの、お金と欲にまみれた世界で、それでも自分を失わないように必死にもがいて、闘って闘って闘いながら、まっすぐ前を見据えている、子供でも大人でもない、とっても素敵な世界一のアイドル小瀧望くんのための曲だと思っています。(だいぶ贔屓目入ったけど気にしない♡)

この青空 輝く瞳 曇らせたくない 疾走れ!ミライ

そう夢だけは もう夢だけは失いたくない

 

勝ち負けの世の中で 今日も闘ってる

叶えられる夢など きっと初めからないんだ

さぁ 立ち上がろう

 

子供みたいだと笑われても それは不可能だと冷めた目で見られても

そう僕は 僕だけは 僕だけを信じて行こうとあの空に誓ったのさ

 小瀧くんがソロライブをしたとして、アンコールでツアTとジーパンだけを纏った汗だくの小瀧くんと一緒にタオル振り回して号泣したい…。その光景を勝手に想像しては目頭を熱くする小瀧担なのでした…。

 

 

自己満でしかないチョイスでお送りいたしました。今回もすべてYouTube等で聴ける曲にしたつもりです。気になるものがあれば是非聴いてみてください。GLAYは素晴らしい楽曲が多すぎて、たった7曲に絞るのがとても難しかったです。あくまでこれは私個人の意見ですので、「それは違う。こっちのほうがいい」とのご意見もあるでしょうが、そっとしておいていただければ幸いです(笑)

 

DRIVE~GLAY complete BEST~

 

自担と接するかのようにお客様と接したら私の評価が上がった話

私事ですがパリピポ名古屋公演に両日参加しまして、本日は普通に仕事でした。そりゃあね、無理ですわ。仕事?なにそれ、滅びるの?っていうアレですわ。ジャニーズWEST 1stツアーパリピポ脳内公演が開演してるのに仕事なんて出来るわけない。油断してたら社員証をブンブンブンブンブンしちゃう。

てなもんで、顔が死んでたんです。「もう無理帰りたいっていうか名古屋に帰りたいっていうか3日前に帰りたい助けてドラえもん」って思いながら、にこやかに笑えるわけない。 某企業の窓口営業をしてるんですけど、そろそろマジで「おたくの職員さん、負のオーラでろんでろんに漏らしちゃってるんだけどどうにかしてよ」ってクレームくる。

ということで、一つの策を打ち出しました。

「そうだ、窓口に来るお客さんを全員小瀧くんだと思えばいい。」

最高に安直で、最高に馬鹿で、しかし最高に効果のある作戦でした。

おばさんだろうが、おじいさんだろうが、小さい子供を連れたママだろうが、ひとり残らず小瀧くんだと思うことにしました。するとどうでしょう、あんなに嫌だった仕事がすこぶる楽しくなったのです。

「こっ、小瀧くんが番号札とったーー!」「小瀧くんがおとなしく呼ばれるの待ってるーー!」「しかも呼んだら来たーーー!マジかーーー!!!!」「小瀧くんが目の前でサイン書いてるーーーギョポポポーーン!!!!(記名してるだけ)」

本当に心の中ではこんなテンションでした。うん、馬鹿なのかな?

しかも小瀧くんだと思うと、自ずとわたしの話し方もいつもより数段スイートになっていたらしい。

「こちらにお名前とお電話番号をご記入ください♡」

客)すみません、ちょっと間違えちゃって、、

「あっ大丈夫ですよぉーー♡かまいませんよぉーー♡」(やだ間違えちゃったの可愛いー!!!♡)

 

そんな異常をいち早く察知したのは先輩。「おい今日どうした!?」と。どうもしていません。小瀧くんを接客しているだけです。

続いて、お客様のおじいちゃん。

「そんな優しく話しかけられると記入するの緊張する」「竜宮城に来たかと思った」(!?)

とんでもない名言いただきました。竜宮城・・・だと・・・?鯛やヒラメが舞い踊るアレ・・・?そんな光景が見えたとしたら、おじいちゃん、それもう半分逝っ(以下略)

最後に上司。「いつもそのくらい物腰柔らかだといいのに。」

私、普段どんな接客してんだよ。

 

すみません、タイトルの「評価が上がった」はさすがに言いすぎました。ただ、確かに上司には褒められました。私と同じように接客業をしている方にはお勧めします。お客様を自担だと思ってみてください。すごく愛しくなるし、お客様が来てくれたこと自体に感謝するようになります。動機は不純でも、仕事は楽しいと思ってナンボです。

ということで、きっと私は明日もこうやって働きます。そして本物の彼に会うための資金を稼ぐのです。働け日本人。働けジャニオタ。すべては愛する自担のために。

 

にわか槇原敬之ファンが選ぶジャニーズWESTに歌ってほしい槇原敬之ソング

槇原敬之氏のことなどにっちさっちもわからない完全なにわか槇原敬之ファンがジャニーズWESTに歌ってほしい槇原敬之ソングを独断と偏見で選びました。

以前、尾崎豊で同じことをしたのでご興味がございましたらそちらの記事もご覧になってみてください。そうです、味をしめました。

ご承知の通り、完全な独断と偏見です。個人的感情でしか選んでません!それでもよければ紹介させてください。

 

 

重岡大毅/「MILK」

歌詞を見た瞬間、し…重岡くんやァーー!!!!となった曲。仕事に思い悩んでどうしようもなくなった夜に、甘えられる人に助けを求めに来た彼が脳裏に浮かびました。アイドルという特殊な仕事をしていく上で、きっと重岡くんは重岡くんなりの曲げられない信念だったり、プライドだったり、そういうものを人一倍強く抱えてるような気がするのです。それがいっぱいいっぱいの飽和状態になって「うわー!」てなったときに、この曲のように誰か寄りかかれる人が、ちゃんと彼にもいればいいなぁ。

自分と違うことをしてる人をうらやんだりしたけど 

やっぱり僕は僕だから ダメな自分も好きにならなくちゃ

まさにアイドルからの視点。このフレーズでビビビッときました。メロディーも優しくて暖かくて重岡くんにきっと似合うと思います。

 

 

桐山照史/「HOME WORK」

恋と仕事どちらかを選ぶ人もいるけれど 

僕らしくやってたら 両方とも大事だった

めっっっっちゃ桐山照史!!!!!ここのフレーズ最高に桐山照史!!!!!

「私と仕事どっちが大事?」の問いに「お前の為に働いてんねん。」と答える桐山照史そのもの!!!!このフレーズが決定打になったのは確かですが、曲全体を見ても、ほどよい距離感を保った素敵な恋愛をしている男女の曲で、やっぱり照史くんにぴったりでした。舞台で長いこと東京滞在したのちに久しぶりに大阪にいる彼女に会えるという場面設定で想像すると可愛くて可愛くてハゲそうです!照史くんにはこんな恋愛をしていてほしいなあと心から思います。

 

 

中間淳太/「SPY」

淳太くんはひたすら彼女に振り回されててほしい願望の結果です。イタズラ心で彼女のあとをつけていったら偶然にも浮気現場を目撃してしまい「嘘やぁぁん!?!?」ってなっててほしい。というか、この歌詞すべてが、淳太くんのwebの日記に見えます(笑)

もう明らかな浮気なのに、しかもそれを目撃してしまっているのに、それでも「信じてる どうか信じさせて」なところも何だか淳太くんっぽい。なぜでしょう、彼にはこういうちょっとズッコケな恋愛を望んでしまうのです(笑)彼の遅れてきた思春期の賜物ですね!

 

 

神山智洋/「THE END OF THE WORLD」

これは即決。激重恋愛プロフェッサー神山智洋のための曲です。「SCARS」解釈に引き続きしつこいようですが、これもわかりやすい不倫ソングです。そもそもこの曲が個人的に好きすぎて、神山さんがこれを歌ってるところを想像するだけでボロボロ泣いてしまう。お願い・・・神山さん、これ、歌って・・・!!!(泣)

絶対 誰にも聞こえないように

息をひそめて君が 「好きだよ」って言った

一体どんな言葉を返せば

いいか解らないまま 抱きしめた

神山さん、これ歌ってェェェェェーーー!!!!!!!(号泣)

 

 

藤井流星/「どうしようもない僕に天使が降りてきた

この曲も個人的に大好きです。主人公の男がどうしたって藤井さんとかぶってしまうのです。自分には全く悪気はないのに彼女を怒らせてしまって、それを慌てて追いかけるという構図。うーん、似合う。すこぶる似合う。そもそも、元カノからのプレゼントを何気なしに使い続けてるという行為も何となく藤井さんっぽい(笑)

「走る僕の髪で シャツで 揺れるたくさんの白い羽根」というフレーズの中の「走る僕の髪」、彼の美しいサラサラ金髪が脳裏に浮かびます。これは金髪の藤井さんであってほしいなー。

帰ったら部屋の掃除は 僕が全部やるから

一緒に帰ろう

ひーー可愛い!!!!

 

 

濱田崇裕/「No.1」

可愛くて優しくてほんわかする恋愛ソングです。何よりも、メロディーがもう濱田崇裕!あと歌詞も濱田崇裕!もう全てが濱田崇裕!個人的な見解ですが、出だし「お互いのことを もうさぐるのはやめよう もうわかっている」の「もうわかっている」の部分のメロディーが濱田くんが歌ってるように聞こえてしまうのです。。付き合いはじめのカップルの初々しさにとてもキュンとする曲なのですが、

君を笑わせたい 力ずくでも笑わせたい

そして年をとり いつかしわくちゃになったら

そのわけは 僕のせいだと言わせたいんだ

ここがすごく濱田くんっぽい!すごく濱田くんっぽい!すごく濱田くんっp(以下略

恋に不慣れな二人が、探り探りでもいいからゆっくり幸せになっていこうね、という曲です。意外と恋に積極的な肉食濱田くんなんてのも素敵ですが、やっぱり濱田くんには温かくて柔らかいスローな恋愛が似合う気がします。濱田くんが優しく歌うこの曲を聴いてみたい。

 

 

小瀧望/「Fall」

ごめんなさいごめんなさい、完全に個人的な感情です。個人的感情しかありません。

担降りソングとして話題になったこちらですが、聴けば聴くほどにモロ担降りソングじゃないですか…。小瀧くんに担降りした身としてはもうこれは彼に歌ってもらうほかない。しかも「Fall」というタイトル、「落ちる」ですよ。「降りる」なんて生半可なもんじゃない。有無を言わさぬ感が凄い。まさに私と小瀧くんとの出会いそのものです…(ガタガタ

そんなとき君が現れて こっちへおいでと手を伸ばす

その手に一瞬触れただけで 世界が違って見えた

本当はこんなタイミング 待っていたのかもしれない

見たこともない世界へ 誰かと落ちるその時を

担降り経験者なら首が吹っ飛ぶくらい頷くであろうこの気持ち。

これをその当事者に歌われたらもうたまったもんじゃありません。彼に「IT'S TIME TO FALL!」なんてニヤリとしながら言われたら、我が生涯に一片の悔いなし。いや、悔いある、たくさんある、もっともっと彼に貢ぎたかった。。(遺言)

 

 

 

 いかがでしたでしょうか。完全に独断と偏見ですが、一応You Tube等で検索したら聴ける曲を選んだつもりです。興味があればちょっと聴いてみていただきたいです。

このシリーズ個人的にとても楽しいので、また突然やるかもしれません、ご了承ください(笑)

 

SMILING?THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA

 

 

ジャニーズWEST「SCARS」の歌詞を深読み解釈する

ジャニーズWESTデビュー1周年記念アルバム「パリピポ」内の楽曲「SCARS」の歌詞を頼まれてもいないのにただ好き放題深読みするだけの時間がやってまいりました。パフパフドンドン!

この曲を初めて聴いたときに脳裏に浮かんだのはEXILEの「Ti Amo」。つまり初見から「不倫ソング」であることは明白でした。ただし、聴けば聴くほどこれはただの不倫じゃねえぞと。大変なことになってねえか?と。結論から言えば、私の解釈は「不倫の果ての無理心中」の曲です。細かく言いますと、主人公(男)が既婚女性と恋に落ち、苦しんだ末に女性を殺めてしまう。というストーリーが浮かんできました。なぜそのような結論に至ったのか。とりあえず歌詞を見ていきましょう。(一応歌割を振っております)

あとどれくらいだろう?僕らがこうしていられる瞬間(じかん)は(重岡)

幸せな時間(とき)を刻むほど何故か臆病になる(中間)

はい、不倫決定。「こうして(恋人同士のように)いられる」時間には限りがあるようです。さらにそういった幸せな時間が長いほど、反動も大きいようですね。リスクがある関係ということです。不倫しかありません。わたしは男(未婚)と女(既婚)と解釈しましたが、もちろん逆でもありえますね。主人公男(既婚)と、独身女性。でも何となく前者のほうがしっくりきたので勝手にそう決めつけました。ところで、「瞬間」を「じかん」と読み、「時間」を「とき」と読むのややこしや~。

今日という一日が 終わるときに 側にいたい(藤井)

誰にも言えない孤独は お互いに隠さないでいい(桐山)

どうでもいいですけど、藤井さんパートの歌詞はドリカムの某曲の冒頭とほぼ同じですよね^^

まあそれは置いといて、問題は桐山パートです。「お互い」が、つまり二人共が、孤独を感じていると言っています。主人公男は未婚だとして、孤独を感じるのも不思議ではありません。だがしかし、女性も孤独を感じている?結婚しているのに?しかも「誰にも言えない」とは?きっとこの夫婦、うまくいってません。旦那さんが仕事人間なのでしょうか。出張ばかりで帰ってこないのでしょうか。それとも、旦那さんも浮気なんてしちゃってるのでしょうか。それはわかりませんが、とにかく彼女は、主人公と同じく孤独なのです。しかも「誰にも言えない孤独」です。夫婦関係が上手くいっていないなんてご近所にも言えませんね。自分の親にも言いづらいかもしれません。主人公男だけに、その孤独を隠さずに見せられるようです。弱さを見せてくれるのです。そりゃあ守ってやりたくなるでしょ、男なら。

まばたきさえ惜しんだ君の不安 たまらないのさ(濱田)

僕は君の為に 誰かを傷つけても 構わない(神山)

 このあたりから主人公の思考回路がおかしくなってきます。そもそも「たまらない」という言葉の意味。わたしも好きなアイドルの萌え~な姿を見ると「たまんねえ~~!」となってしまいます。それは意味としては合っているのです。ある辞書によれば「たまらない」の意味は「この上なく良い、なんとも言えないほど良い」となっています。もちろん、その前に「苦しくて」や「悲しくて」なんて付け加えれば全く意味は違ってきますし、おそらく作詞家さんもそっちの意味の「たまらない」を使ってらっしゃるとは思いますが、ひねくれオタクはそんなストレートな解釈したくない。

「まばたきさえ惜しんだ君の不安」を目の当たりにする。つまり「君」が「不安」になりすぎて「まばたきさえ」惜しんで自分を見つめてくる。その姿にゾクゾクし、何とも言えない恍惚感を覚える。

こう解読すると、主人公のヤバさが浮き彫りになってきますね。

そしてそのあとの神山パート。この曲のキーワードなんじゃないかと思うほど、重みのあるフレーズです。私の深読み解釈の全ては、この1フレーズから始まったと言っても過言ではありません(笑)そしてこのパートをほかならぬ神山智洋に歌わせた人たぶん天才ですね。

 「君」の為に誰かを傷つけようとしています。この場合の「誰か」とは誰のことなのか。彼女の旦那しかいません。旦那さんから奪おうとしてるんですね。君を守るためなら、君を不安から救ってあげるためなら、僕は何だってする、と。一つ前のフレーズからの流れで見ると、本当にただのヤバイ人になりつつあります。順調です。

さて、サビです。サビはまったく同じものを後半にも繰り返すので、特筆すべき部分のみ書き出すことにします。

たどり着くのは幻だとしても(小瀧)

今(ここ)に君がいればいい

幻にたどり着く・・とは・・・?はい、「幻」の意味をググります。「現実には存在しないのに、あたかも存在したかのように記憶されるもの」・・・えっ何か怖い。二人は「現実には存在しないもの」になろうとしてるということなのか。それはつまり・・・?

ずっと2人は愛し合うはずなのに

素直になる度 疼く傷跡

ここで気になるのは「なのに」。妖怪ググれカス女出動です。普段当たり前のように使っている言葉を今一度調べてみましょう。

な‐のに[接]
[接]《接続詞「それなのに」の「それ」が省略されたもの》前述の事柄に対し、あとの事柄がそれと矛盾する内容であることを示す。

「AなのにB」というように、AとBが矛盾しているときにそれを接続する役割を果たすものですね。歌詞で見てみると、ずっと2人は愛し合うはず「なのに」。なのに、の後が何もありません。でも大丈夫です。「なのに」の前の内容と矛盾していることを考えればいいだけなのですから。つまりこの場合は「ずっと2人は愛し合うはずなのに、愛し合うことは叶わない」ということになります。

・・・ん?さっきまでは、君の為なら誰かを傷つけたっていいぜ!誰も俺を止められないぜ!俺はマジだぜ!というテンションだったのに・・・。どうやらちゃんとわかってはいるようです、自分たちは愛し合ってはいけないということを。そんなちゃんと理性をわきまえている自分に「素直になる度」に、傷跡が疼く=心が痛む。ということなのでしょう。

 

 さて、1番が終わりました。続きまして2番です。長いですね。飽きたらどうぞ無視してください。そして2番からユニゾンが増えます。歌割わかりません(笑)何となくわかるところだけ書いてますが、間違ってるかもしれません。間違ってたらこっそり教えてください><2番も特筆すべき箇所だけ抜き出します。

 

君は僕を照らし 僕は君の鏡になる(藤井&中間)

本当の顔を映した 安らぎがそこにはあった(重岡&小瀧)

 ついに鏡になりました。しかも、自分という鏡に映る彼女の顔は「本当の顔」だと言っています。とんだ自信ですね。自分にだけは素顔を見せてくれると言いたいのでしょう。

失うくらいなら 罪と罰を受けようと 構わない(濱田)

SEKAI NO HAMADAパートです。「失う」のは彼女で間違いないでしょう。恐らく、ここで彼女を失うかもしれないという可能性が出てきたのだと思います。理由はわかりません。長いこと出張中だった旦那が帰ってくることになったのか。もしくは二人の関係がバレそうになっているのか。ともかく、彼女から別れ話をされたんじゃないかなぁ、と私は解釈しました。

でも主人公はそんなこと我慢なりません。彼女を失うなんて考えられません。彼女の為なら「誰かを傷つけても構わない」とまで思ったのです。それほど愛してしまったのです。「失うくらいなら 罪と罰を受けようと 構わない」。彼女を失うくらいなら、自分が犯罪者になったって構わない。完全な直訳ですが、そう言っているように思えてなりません。

傷つくほど 強くなる 愛しき衝動

ここの「衝動」という単語に引っかかりました。「衝動的」という言葉の意味は辞書によると「心をつき動かされるままに、善悪などの判断もせず行動に移してしまうさま。」とあります。つまり、あまり良い意味ではありません。「衝動的な犯行」・・・ニュースなどでもよく聞きますよね。愛するがゆえに、その「衝動」が強くなっていっています。

もし君が消えたら明日はこない(神山&重岡)

心だけが永遠を知る(中間&小瀧)

どんな哀しい運命だとしても(藤井&濱田)

その腕の中で ずっと眠りたい(桐山)

ここのブロック、もう全部怖い。明日は誰にでも平等にやってくるものです。それが来ないということは、もうそこには「死」しかない。「哀しい運命」と明言しちゃってるし、「眠る」という表現もつまりそういうことだと思います。ここで明らかに「死」を描写してるんです。初めてちゃんと歌詞を読んだとき、ここで本当にゾッとしました。

 

このあとはサビの繰り返しです。ここで気がつきます。この曲、「傷跡」という単語が何度も出てくる。タイトルである「SCARS」もそうです。[scar]は[傷跡]という意味の単語。最初は、「心の傷」みたいな意味だろうと思い特に気にしてませんでしたが、聴けば聴くほど、解釈の内容も相まって、もしかして「傷跡(物理)」なんじゃないかと・・・。そっか、刺しちゃったんだな・・・。

さらにタイトルである「SCARS」。そう、複数形です。傷跡(物理)は一つではないんです。

一つは愛する彼女を刺した傷。もう一つ、その彼女と永遠になるために、自らを刺した傷。

これで「SCARS」という意味が成立しました。

 

結論:愛した女性は自分のものには決してならない、ならばいっそ二人で永遠になってしまおうという考えのもと彼女を殺め、自らも死に至った悲しい男の歌である。

 

 

以上が私の勝手極まりない深読み解釈です。かなり無理やりですし、深読みしすぎ乙(笑)なのもわかっておりますが、ごめんなさい、とっても楽しかったです。もちろん、100人が聴いたら100通りの解釈ができるような素晴らしい楽曲です。そのうちの一つとして、「こんな考え方する人もいるんだ」くらいに思っていただければこれ幸い。ここまで読んでいただいてありがとうございました。他の方のSCARS解釈も読んでみたい所存。

 

 

にわか尾崎豊ファンが選ぶジャニーズWESTに歌ってほしい尾崎豊ソング

にわか尾崎豊ファンが、ジャニーズWESTに歌ってほしい尾崎豊ソングを独断と偏見で考えてみました。

小6~中1あたりの時期、狂ったように尾崎ばかりを聞いていたわたしを両親はさぞ心配したでしょう。今だから言えるごめんなさい。でも尾崎の曲はとってもいいんだぞー!!ってことをうっすら伝えられたらと思います!

 

 

重岡大毅/「太陽の破片」

なぜでしょう、この曲を聴くと重岡くんが浮かんでくるのです。決して明るいメロディーでも明るい歌詞でもないのですが、私が重岡くんに抱いている「孤高のアイドル」「愛されるがゆえの孤独」みたいなイメージがこの曲に合ってるのだと思います。テレビの前で、ファンの前で、ぴっかぴかのアイドルスマイルを見せたあと、家に帰って暗い部屋の中で膝を抱える重岡くん・・・みたいなイメージを持ってしまっているので、是非ともあのスイートボイスで、囁くように、叫ぶように、歌ってほしい。

 

 

桐山照史/「Scrap Alley」「群衆の中の猫」

絞りきれず2曲です(笑)。まず「Scrap Alley」はとてもリズムが軽快で、まさにロケンロール!ていう感じの大好きな曲。歌詞が妙にリアルなんですけどね。「警察が来て苦情を言われた」とか(笑)14歳のミッキーが歌ってるようなイメージが浮かんできました。きっと照史くんに似合うはず!

そして「群衆の中の猫」。すごく難しい曲だけど照史くんならきっと歌える!という期待を込めて。「やさしく肩を抱き寄せよう 君が悲しみにくれてしまわぬように」尾崎はもちろん叫びちらしながら歌いますが、照史くんなら綺麗な、伸びるような優しい声で歌ってくれるんじゃないかなぁ。とにかくこれを歌っている照史くんが見たい!という理由で選びました。

 

 

中間淳太/「OH MY LITTLE GIRL」

最近、映画に起用されてまた注目された色褪せぬ名曲。淳太くんの甘くて優しい歌声にぴったりハマると思います。なんとなく、淳太くんが恋愛するのは年上の女性のような気がするのですが、これは年下の彼女が可愛くて可愛くてたまらない!という歌ですね。(だいぶザックリした解釈w)おじさんキャラが確立しつつある今日このごろなので、大人の魅力たっぷりに、年下女子たちをメロメロにすればいいと思います。希望としてはピアノ弾き語りで!

 

 

藤井流星/「十七歳の地図

正直、一番思い浮かばなかったのが藤井さん\(^o^)/でも、彼はバラードや重くて暗い曲よりもノリのいい曲のほうが良いことはわかっていたので、ノリのいい曲で一番好きなものを選びました。とっくに十七歳は過ぎてしまっていますがそこは置いといて。「Seventeen's Map!!」と叫んでイントロが流れ出すところがとても好きなので、そこを藤井さんに再現していただきたい。余談ですが、実は尾崎豊ってよく見ればとても美形で、どことなく藤井さんは尾崎に似てるような気がするんです。尾崎豊の半生を辿るドラマがあれば是非とも藤井流星を主役に起用してほしい(笑)

 

 

神山智洋/「Forget-me-not」「ふたつの心」

これまた絞れずに2曲!><「壮大な愛のバラード」を歌わせたら右に出るものはいないことで定評のある神山さんには是非ともこの2曲を!最初は「Forget-me-not」だけだったのですが、Twitterでお友達から「ふたつの心、神ちゃんに歌ってほしい!」との声をいただき、「そ、それだー!!!!」となりました。勝手にこの2曲を「神山智洋のテーマ」に認定したいほどハマっていると思います。アコギ1本&ピンスポで歌ってほしい。そしてガン泣きしたい・・・バーチャル「智洋のオンナ」体験したい・・・

どうやら「Forget-me-not」は清水翔太に、「ふたつの心」は清木場俊介にカバーされたようで、時代を超えて愛される名曲です!

 

 

濱田崇裕/「ドーナツ・ショップ」

ただ単に、わたしの好きな曲です!好きな曲は、信頼できる歌い手に歌ってもらいたい!尾崎楽曲のなかでもとりわけ優しくてほんわかした曲だと思います。メロディーがとても綺麗。歌詞も優しくて切ない。ただし、曲の後半は突然セリフをしゃべりだし、そのまま曲が終わっていくという斬新さ(笑)俳優・濱田崇裕ならば問題はないと思います。

この曲を濱田くんが歌うとすると、何だか田舎育ちの彼がコンクリートに囲まれた都会へ出ていって一生懸命「自分」を見失わないようにもがいているような曲にも聞こえると思います。

 

 

小瀧望/「ハイスクールROCK'N'ROLL」

彼が歌わずに誰が歌うというのか!!!いつのまにかハイスクールボーイではなくなってしまいましたが、是非とも!是非ともこれを小瀧くんに!!!実はこれ尾崎豊の暗かった高校時代を歌ってる曲なので歌詞はあまり楽しいものではないんですが、とにかく明るいメロディーで、拳突き上げて「\ロックンロール!!!/」て叫びたくなるんです。尾崎豊の曲の中で、一番ポップなんじゃないかなーと思います。個人的意見ですが><ピョンピョン跳ねながら楽しそうに歌ってる小瀧くんが目に浮かんで、こっちまで楽しくなります。

 

 

以上、にわかファンが独断と偏見で選ばせていただきました。とても楽しかった!YouTubeを探せば全部聴けると思いますので、興味があれば聞いてみてくださいー!

 

ALL TIME BEST